すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。事実誤認とか手直するんで、時報ではないです。

古雑誌の本当の値段って?

 

私個人は家にある本は全部、捨てるつもりですが、恥ずかしいし、

図書館にアウトソーシングしてるんで。

www.youtube.com

 

漫画を集めている人は、オッサンになってからレアな漫画を近所の子供に貸し出せるのでは?漫画喫茶って、品揃えはそんなによくない。

レア本なら、ブックオフせどりのほうが、まだ可能性がありそうです。

nlab.itmedia.co.jp

 

映画、本と違って、アマゾンの漫画の感想欄は使えない、

キッズは詰まらないくらいですぐ叩く、

3巻でやめればいいのに10巻まで執拗に買って悪口を書き続ける大人がいるなど。

エロ本の批評に意味がないのと似た感じになってないだろうか。 

matome.naver.jp

 

評論家はアマゾンで無料では書かないですか。たまに業者用サンプルか、10個くらいで止まってます。

こういうの? 

 

ベスト1000レビュアー2015年4月13日
人間を捨てて女子攻兵に同化する事を選んだ男VS女子攻兵との同化をあくまで拒むタキガワの攻防からはじまる。
初っ端からお祭り状態。すごいなあ・・と思ったけどエロくはなかった。一種の拷問であり懐柔するための手段として描かれている。松本次郎の×××シーンは肉体的には露悪的カーニバル状態だが、メンタル部分は妙に醒めている。それが最も顕著なのは、5人で絶頂をむかえた瞬間の絵。あんなカリカチュアを見せつけられたら、いくら興奮していたとしてもしぼんでしまうのでは。きわどいエロシーンを武器にしてきた作者の真骨頂だと思う。いささか挑戦的な。見えている絵は女子攻兵だが、その中に居る人格は男性なのだ。この作品のキモであるこの入れ子構造、作品の要所要所で効いてくる。「え?待って。ということは・・」とイチイチ考えこんでしまう。それがおもしろくてたまらない。

エロカーニバル中に挿入されるキリコとツキコの会話も面白かった。マンガで描かれる局部なんて、記号にしかすぎないんだよと。そこから受ける感興は受け手それぞれにゆだねられているのだが、あたかもエロ描写に関する共通認識があるかのように押し付けるムキがあるよと。・・・こんなあからさまに書いてはいないけども。
エロシーンを過激に展開しながら、エロ描写に関する社会的な状況もチラッと盛りこんでみたり、諸要素がなだれのようにカットインしてくるめくるめく展開。戦闘シーンと同じくスピード感と屈曲する物体を変幻自在に操る凄腕作画もみどころ。

また今回も大佐の言動が気になった。タキガワが選ばれた理由まで語ることは作戦の一部なんだろうか?個人的肩入れ?選ばれし者への羨望?女子攻兵に乗らない大佐が精神汚染のような状態へと傾倒していくのは、何かに引きずられているのか?それとも自ら近づこうとしているのか?J子の疑似恋愛のような安定剤的な働きが?・・・と大佐の心の動きが非常に気になる今日この頃(これって腐目線?だとしても極北)。

この初版のオビには、大友克洋氏の推薦文が寄せられている。

 

 

パッと見つからなくて(漫☆画太郎とか)、難解な例を出してしまって、すみません。
私は、漫画とか、もう読めないから、宣伝を書くなら、子供に書かせるというか、聞き取って共同で書くしかないです。

ninjaid2000.hatenablog.com

 

 

週刊誌はよくゴミの日に出てますが、次を買わせる商法、というか、

単行本1冊でハズレだとそこでお終い。

でも週刊連載誌って品数が揃っていると、何となく読むんだろうか。

友達と漫画の話とか、全然しなかったので、共時的なメリットが分からないです。

blog.livedoor.jp

 


本倉庫って、メインには端末が仕入れられなくなった場合の予備で。
ホリエモンひろゆきのいっていた、端末が高くなる説がどこまで本当かは知らない。


寝る前は本が読みやすく、通勤中は端末で読みやすい。
スマホの画面が小さいからか。
自分は本だと車酔いするんで。

www.huffingtonpost.jp

 

 

知財って高いんで、スペースさえあれば、ため込むのは悪手とは思わない。

国立漫画図書館とか国立図書館って、過疎地に作ればかなり人は集まりそうです。例の限界例地区の話か。

そうしたらそうしたで、また物資の調達とか。

農業はやりたくないけど、インターネット喫茶で暮らしている人は相当多い。

 

例えば都市に安いスペースが無く、田舎に無人地区があるとします。

こんな文化財は、どうやって売っていいか分からないし、あまり盗みとかにはあわない、

まとまった休みがあって、アウトドア観光とか興味ない、一日中漫画が読みたい、ていう人はいるかもしれない。

以前、ネット回線が無い地区からクレームが出ていたが、貸本屋とか移動したら儲かりそう。

都心の漫画喫茶は一応、そういう感じのサービスでした。

みたいに考えていくらなのか、という思考実験です。暇な人はご教授下さい。