すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。事実誤認とか手直するんで、時報ではないです。

ルールに従い、選ぶことをやめる(ひろゆき)

ひろゆきの考えるルールって何?

彼にとって「選ぶのが難しい」としたら、

「買いたい商品が決まってって」「もし、もっと魅力的なモデルがあったら」「検討する」

たしかに分かりやすい。

blog.gururimichi.com

 

スティーブ・ジョブスやそのワナビが、毎朝服を選ぶ手間を省く為に、タートルネックを160着持ってるとか、

選ぶ手間が省けるのは、民族服、制服、スーツと同じでも、

自分で選んでいることに意味がありますか。

彼らは自由にやっていい、という気風の泡沫起業家の中から、成長して、規格化をしていった。

 

ルールは自分で作って検証するプロセスって、プログラミングに似てますか。

子供の頃から、こんなこと知ってるのがすごい、

まず知らないよ、こんなこと。

お父さんが国税だから?ソレ、言い過ぎ?

新聞記者は、ホワイトカラー奴隷です。

伝書鳩

 

 

ルールという意識はないけど、世間知や経験則のストックから選択してるから、ソレって同じなんですか。

例えば、どうしてその言葉を選んだか?って聞かれたら、あとから分析はできるけど、その瞬間は無意識だったり。

だから「世間知の推測が難しい」

世間知=事前調査(書籍、インターネット)と現場に出ること、

経験則=経験の蓄積、

が絶対に必要みたいになってます。

  

消費は、生体のメンテナンス・コスト(衣食住、エンゲル係数)、自己投資に分けられますか。

読書やゲームは精神のメンテナンス・コストか、ゲー廃にまで行ったら、もうあかん。

他人への投資は、リターンを見込んだ、蓄財手段と捉えられていることが多い。

そうでなければ飼っているのか。

 

自己投資が出来るのは世界的には上流の部類だろう。

日本人は現時点では上流、

結局、そのチャンスを生かすかどうか。

日本は教育を受けるチャンスを、全く生かさないソーシャル・デザインになっていた、冷戦の恵みとか、ブラザ合意とか、唐突に入った金は死ぬんだろう。

 

モノ作りっていうほど誇り感じますか? 

好きなことなら単純に楽しくて、誇りとの間が分からない。

出来る自分に安心感はあるかもしれない。

生み出したものが調和を保っているから、

作って、見て、半径1メートルから要らないノイズを追い出して、自給自足です。

 

ソレと人に見て貰いたいのは違う。

見たいなら見てもらっても構わない安心感はあります。

人目が怖くない。

クリエイターが無断使用やタダ働き扱いを怒るのは、盗まれた、コケにされたと思うからだろう。

金になるかどうかは、生活がかかってる場合もあろう。

 

何かを人にススめて「面白かった」と言ってもらえたら、

自分は「役に立つ人間だと思える」「相手が好意をもってくれたから、危険性がなくて安心する」

誇りって何なんですかね?

まあやりたくないことを、ロクな報酬なしにやらされるのは奴隷です。