すみま千円(漱石のほう)

レポート置き場かな?宜しくお願いします。

ノリのいい人と悪い人の違いのパタン1

何かが、あまり得意でない人が、得意な人に、ついノセられてしまう、ていうのは普通だろう。

経験上、人に合わせてロクなことが無かった人は、何をされてもマイペースです。

そういう人にノリを強要すると、生命の危険を感じるらしく、逆切れするので危ない。

 

世界的なクラブ摘発って、麻薬がらみ以外でも、そういう文脈もありそう。

www.newsweekjapan.jp

クラブ - Wikipedia

共通の趣味・興味を持つ仲間が定期的に集まって形成する団体をいう。18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパで成立した。その歴史的過程の中で、社交クラブ、政治クラブ、文芸クラブ、歴史クラブ、スポーツクラブカントリークラブなど様々な類型のクラブが生まれ、21世紀においても世界各地で多数のクラブが人々の生活の中に根付いている。

(引用終わり)

 

 

ミラーリング(つい相手のしぐさを真似る、また真似ることで親近感を醸し出す、対人テクニック)とか、相手にあわせてしまう習性が人にはあるんだろう。

manwatching2010.com

 

人付き合いとか歌とかしゃべり、何事も、気後れのしない人が堂々としてます。

俺は大丈夫、安心、というときに堂々としているのと、ビビリとの違いです。

ビビリが、大丈夫、になっていくのが、大人になるってことではないか。

「極度にビビり」な状態はなるべく避けるべきだと、教育ノウハウには、巷で言われています。

 

家庭の安心感と最低限の規律、そこで能力をはぐくみ、社会的領域での安心感と最低限の規律へ移行していきます。またそこでも能力をはぐくんだり、下の世代へ投資したりしていきます。

 

「声」「てぶり」「筆記」「表情」、表現の中のどれかが気後れせず、用件がしっかりつたわれば、それ以外はどうでもいい。

無理なら、職人として生きるしかない。

こういうもんを作れる、文句あるか、金だして、買えよ。またはエージェントが代わりにやりますか。

一時期の就職難って、注文の多い料理店なんか、事業の行く末が分からないのか、オールマイティを新入社員に求めすぎではあります。

 

あと、泥沼論点とか、自分は正しいと思っているけど、

相手のほうが地位が高かったり、技巧的だったりで、反論できない場合に、ジェスチャーは便利です。

 

手を動かす、何とはなく何かを指し示してみるとか、目の前でサっと切ってみる。

私はあなたには洗脳されません、自分の領域を持っています、コトを荒立たせることなく一瞬で表現できないか。

 

下手な人は貧乏ゆすりをしたり、「私は不安です」というメッセージを伝えてしまうのは、相手に付け入るスキを与えて、あまり得ではない。

 

昔のギャグであるのは、サっと手を出して、パンッとたいたり、相手の体のどこかを、軽くたたいたりで、「蚊がいました」「埃が付いていました」みたいの。

やりすぎかもしれない、でも肉体言語の多かった、昔の人の世間知です。

 

相手の会話が、不毛だと言いたいなら、「あー、おなか、すきましたね」

コレはキレられることもあるんですが、少なくとも泥沼の紛争にはならん、自分が悪者になったりするリスクは少ないです。

「敵意があるのか」と思われるより、「不毛なんだな」と自覚されたほうが、人付き合いは捗る気がします。

 

コレはけっこう、ラクです。

f:id:ninjaid2000:20180306115946p:plain

f:id:ninjaid2000:20180306115828p:plain

「NO ジェスチャー」の画像検索結果

 

f:id:ninjaid2000:20180306115854p:plain

NO ジェスチャー - Google 検索

 

身振りと気分といえば、ダンスとか歌って、鏡があるのがカラオケの機種についてる自撮りや、専門学校なんの練習場だけど、上記のように、路上の人とかクラブだと、鏡がなくても踊っています。相互に模倣して、なんとなく動いていたり。

「クラブ 音楽のほう」の画像検索結果
720×508 - retrip.jp
 

すまん、ストリートダンスはプロのショーか、講座なんかもこういう感じではあろう。少数のプロ:多数のトーシロ客

f:id:ninjaid2000:20180306114119p:plain

f:id:ninjaid2000:20180306114048p:plain

ストリートダンス - Google 検索