すみま千円

メモ、レポートなど、勉強用です。

外国語の覚え方シリーズ10くらい

外国人向けの日本語の本は難しい。

受験勉強でいうと難関大より謎です。

でもこういうのは

「文学から入るとフレキシブルで文系につよくなる」が、

TOEICとかに限ると、無駄口をきかなくなる」みたいのと同じで、

期待する理想像にもよるのかなあとも。

 

もちろん適性もあります。

それが明白にわかるのが、例えば受験勉強でどの教材を選ぶかとか。

自分がどういう手法が覚えやすいか、早く気が付いた人ほど得をするし、

多分、生き残れる私塾関係の人とかは、ノウハウとか持ってそう。

 

中国の義務教育で英語はやるか?

人はラクなところから覚えていく傾向があるから。

自分だって簡体字(中国語)は見慣れていて苦労しない、読みが大変です。

 

難民問題とかで、

コミュニケーションを失業者にまかせると

暴力の無い路上みたいになるので、

ハンディキャップはシャレにならなそう。

 

今のところ日本にくる外国人は、

1、サッサと日本語を覚えていてとてもエリート

1、日本人が外国語を覚えたほうが早い

1、観光客みたいに、

その言語圏内で平和裏に完結しているなら、話さなくてもいいとか。

1、大して話さない仕事とか、娯楽で済む、日本にでもいる人種? 

 

スマホがあると、出身地と断絶はしないのが昔と違うかもですが。

それで係争地からきた難民とかが問題になってるとか。